« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

9・4(日)新宿 小沢一郎支援デモ 出発時刻変更のお知らせとお詫び

Ozawa904

9月4日(日)小沢一郎氏の名誉回復と復権を求める街頭行動【新宿】

ご参加予定の皆様にお知らせ申し上げます。

事情により、デモ出発時刻を、

×16:00時 →○16:30分 

に変更させていただきました。


ご迷惑を深くお詫び申し上げます。

あらためてご案内いたします。

平成23年9月4日(日)
16:00~集合 16:30分出発

※雨天にても実施いたします。

集合場所:柏木公園 
(東京都新宿区西新宿7-14 JR新宿駅西口・東口より徒歩5~8分、 西武新宿駅より徒歩5分) 

powered by 地図Z

印刷用ページ)http://chizuz.com/map/print/print.php?id=95457

行きかた

【新宿駅東口/西武新宿駅から】 
靖国通り~大ガード通過し小滝橋通りへ入る

【新宿駅西口から】
駅を出て右へ直進し小滝橋通りへ進む 最初の信号を左折2分

※参考地図

なお、デモコースは以下の通りの、出発地へ戻る周回経路で、所要約1時間です。

柏木公園~小滝橋通り~新都心歩道橋下~甲州街道~明治通り~靖国通り~新宿大ガード下通過~柏木公園へ戻り、解散。

ルートマップ http://g.co/maps/yyjr

  皆さまのご参加心よりお待ちしています。

≪プラカード・幟のご持参歓迎≫  
・小沢一郎議員応援 
・石川知裕議員、大久保隆規氏、池田光智氏ら元秘書の方々への応援 
・検察・検察審査会による冤罪糾弾
・マスコミの偏向報道への抗議糾弾  
・小沢一郎氏の民主党党員資格の回復要求 etc。

小沢一郎議員の復権と活躍を至心より待望します。

賛同有志のみなさまの協働をお願い申し上げます。


デモ終了後、懇親会を行います。どうぞお越しください。

お問い合わせ Mail :  ozawa_risen@excite.co.jp  
 ℡ :  070-5552-8284 (小吹 伸一)

案内チラシ改訂作成しました。印刷ご利用いただけます。

オモテ)「904bill.pdf」をダウンロード

ウラ)「904bill2.pdf」をダウンロード

 


2011年8月24日 (水)

8月28日(日) 新潟で小沢応援デモが行われます

Frag


新潟の有志の方々が、小沢一郎応援デモを8月28日(日)実施されます。

ご当地・近県の小沢一郎支持者の皆様、また、よろしければ遠方の皆様も合流ください。

「小沢復権、日本再建」を目指し、国民からの小沢待望のコールを轟かせましょう。

8月28日(日) 集合 15:30  出発 15:45
集合場所  石宮公園(新潟駅万代口 新潟ステーションホテル向い)
http://g.co/maps/da8g

コース  石宮公園→新潟駅→万代シティ一周→万代橋→古町→新生公園
所要時間 1時間

デモ終了後、懇親会有り


≪主催者様主旨≫

西松事件、陸山会事件、検察審査会起訴相当議決を経て民主党党員資格停止中の小沢一郎に対しメディアバッシングが行われている。
この事に対し、怒りのデモを行う。
小沢に対する謂れなきバッシングは民主党公約を支持し政権交代させた主権者に対する攻撃であると糾弾する。

小沢一郎は世の大多数の庶民の声も聞く事ができる政治家であると信じている。
この思いを伝えるデモを行う。

今回は新潟と東京の協働で小沢デモを行う。
沿道の人にも熱が伝えられるように声を出したい。

8月28日(日) 新潟小沢応援デモ
http://www.asyura2.com/11/senkyo118/msg/420.html
投稿者 居酒屋ポレポレ


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

Tarekatsudon
                    新潟のタレカツ丼


8・28 新潟 小沢一郎応援デモをよろしく

 

 

 


2011年8月23日 (火)

8・21(日)神保町 小沢一郎支援デモ 報告 みなさまに感謝

http://www.ustream.tv/recorded/16802035

このたびは、午後から長く続く小雨の中での街頭行動となりました。
天候不順にかかわらずご参加くださった皆様ありがとうございました。たいへんお疲れさまでした。
前週半ばまで続いていた猛暑が、雨で柔らいだので、まだしも天候に助けられたといえるかもしれません。準備期間中は、当日熱射病に見舞われる人が出るのではないかと懸念していましたが、さいわい杞憂ですみました。

集合地、西神田公園は、雨天のため一般の利用者がほとんどなく、このため私共の貸し切りに近い状態でした。いつも拡声器の調達に苦労するのですが、この日はお持ち寄りの数が多く、横断幕やプラカード、幟なども、参加の皆様に
数多く準備していただけました。
参加人数は、浅草デモの際よりやや少なめだったようです。出発後追いつき参加された方も数名おられたそうなので、総じておよそ80名余りかと思います。約百名、ということにしておいていただきたくお願いします。

今回は、二見伸明さんもご参加くださいました。出発前に一言お願いし、参加者の皆様に熱のこもった激励をいただきました。

先頭に、「国民の生活が第一 小沢一郎」の横断幕を高く掲げ、霧雨が舞うように降る中を出発。先頭は二見伸明さんと稲井邦利さん、小吹が、ならびつとめました。
稲井さんには私からお願いし、デモ主旨の説明や小沢一郎待望のわれわれの意図を、
歩道を通行する方々に、語りかけていただきました。

また、シュプレヒコールリーダーは、藤島利久さんにお願いしました。
今回街頭行動の、基本シュプレヒコールは以下の通りです。


小沢一郎を応援します
小沢一郎を支持します
小沢一郎は無実だ
石川知裕も無実だ
検察は冤罪ねつ造をやめろ
マスコミは真実を報道せよ
民主党はマニフェストを守れ
民主党は国民との約束を守れ
民主党は小沢一郎でやり直せ
小沢一郎を復権させよ
日本には小沢一郎が必要だ
小沢一郎に日本を託そう
東北復興を小沢に託そう

小沢内閣で日本を救おう
小沢総理を待ってるぞ!


また、デモに伴う形で、歩道上で配布するチラシ(    )を作成していたのですが、この日出発の一時間ほど前に合流してこられた参加者の方が、当デモの宣伝ビラを畳んで挟み込んだ配布用ティッシュ(!)を大量に準備して「これ配っていいですか」とお持ちくださったので、このティッシュに当方のチラシを、私の妻らが大急ぎで追加挟み込み、こうしてできた、世にも珍しい、「小沢一郎を擁護する文書・デモ宣伝ビラ付き街頭配布ティッシュ」を、壺井須美子さん李ひとみさん遠藤勝人さんらに路上で、通行人に手渡ししていただきながらの行進となりました。

いささか残念だったのが、天候のためでしょうが、歩行者がかねてより少なめであったと感じました。それでも、靖国通りの書店街に出ると、それなりの人通りはあり、また、必殺のティッシュも割合によく受け取っていただけたようです。

隊列最後尾にいた妻の話では、今回、イヤな顔をされたり罵声やヤジを投げられたりということはまったくなく、路上からの反応は総じて好意的なものだったとのことです。通り向こうから、子連れのお父さんが大きく手を振ってくれたり、サラリーマン風の男性が「がんばれー、小沢ナンバーワン!」と大きな声を送ってくれたりといった励ましをいただいたそうです。また、他の参加者の方からも、「反応はよかった」とうかがっています。私自身も、通行の方々から拒否的な態度を示されたという感じは、終始いだくことはありませんでした。
スポーツ用品店が多い小川町付近は、路上に若い人が多いようでしたが、だいたいは、珍しそうに笑いながら見ているという様子でした。これが、政治や政策に関心を抱くきっかけとなればと思います。
また、靖国通りは、車通りもかなりあるのですが、運転者もやはり訴える対象ですので、併せるとかなり大勢の人々にPRできたものと思います。

シュプレヒコールの合間に「小沢! 小沢!」と連呼する小沢コールを楽しみに、デモ参加されている方もおられるようです。願望ですが、いずれ日本中で流行るかもしれません。
車通りが多いため、隊列が広がりぎみのときに、わずかにひやりとした場面もありましたが、全体としては今回も無事に、外堀通りの終着点、神田児童公園に達し終了となりました。行程約50分。行程が短めなのは、酷暑のこの時期、2キロ50分が限度と考えたためです。次回新宿コースは長めにとってありますので、物足りなかった方はご参加、燃焼のほどお願いします。

神田駅近くの居酒屋に席を設け、事後懇親会行いました。こちらには40名が出席されました。もう御馴染みの方、このたび初参加の方、さまざまな「小沢支持」有志の交流会となりました。邂逅があり、意見あり、議論あり、歓談あり、デモの際の付随の愉楽としてこちらにも、今後も皆様にご参加いただければと思います。ちなみに勘定はこの日、3時間余りでおひとり3000円、ノンアルコール2000円を拝領しました。いつも大体この程度で収まるようにしています。

こうした街頭行動の、そのたびごとは、日本全体や、世の中全体からすれば小さな企てですが、遭遇する人の印象に残り、思い巡らせる契機をもたらしていることは確かであると思います。一気に物事を覆すことができるとは、私は考えませんし、その方法が存在するとしても、私には思いもよりません。

「なぜ小沢一郎なのか?」との問いがもしも与えられるならば、「なぜ小沢一郎でないのか?」と答えられるかもしれません。
戦後体制の制度的衰退から脱却し、「国民の生活が第一。」の大改革が始まった09年の政権交代が、見るも無残な退行の道を辿った現実を、私達国民は目の当たりにしてきました。
官僚機構・自民党守旧派・検察・マスメディア等の既得権益の受益者らが、改革の先導者である小沢一郎氏を、袋叩きでおとしめ、政治の実権の座から取り除いたこと、この動静に、あろうことか民主党現執行部が同調し、「小沢切り」に加わったこと、これらは変質民主党政権・菅内閣において、「国民のための政治」が放棄され続けた経緯とおおむね軌を一にしています。
「西松事件」の謀略的検察捜査により、09年5月、小沢一郎氏は政権交代前に、民主党代表を退き、「小沢総理」誕生は阻まれました。
菅政権瓦解、国政迷走の今このときも、陸山会事件の検審起訴を理由に民主党員資格停止を宣せられた小沢氏は、規約上、代表選にただちに臨むことができずにいます。

実績・政治手腕ともに、国難克服のための至上の人材が、社会的リンチにより身動きがとれずにいる。言語道断の不条理であり、こんなことがまかり通っている日本は、民主国家ではありえない。また現在の民主党に、その党名を名乗る資格なし、と私は考えます。
この状況に抗議し、「国民の生活が第一。」を宣言通りに実行するであろう小沢一郎氏の、正当な復権を求めて、われわれは集い、声を上げています。
「なぜ小沢一郎の力を用いないのだ」と、繰り返し繰り返し、あっちこっちでやり続けようというわけです。この主張は正当なものであり、それゆえ人心に受け入れられないはずがないと確信しています。

日本の国難克服は、小沢一郎の復権にかかっている。この認識と実感がなければ、風雨の中、道行く人に笑われながら練り歩くなどやっていられるものではありません。
小規模のデモではありますが、「自分ひとりでもやる」という意思から行っていることですので、各回の参加者数そのものを重要と考えてはいません。大勢の方に集っていただけるほどよいことは当然ですが、「小沢一郎に復権を果たし、国民のために働いてもらう」という要望、これ以外の意図が何もないということが、今はより大切なことと、主催者として考えています。組織提携による動員にあたることは、今後も行わない予定です。どなたであれそれぞれに、ただ一個の存在として、主体的にお越し願いたいと思います。組織も団体も肩書きも求められることはありません。「ここにいる私」で充分です。それが充分な影響力を発揮するに至らないのであれば、この問題の枢要にかかわる、われわれの社会の民主主義の、力量的限界がそこまで、ということになるでしょう。

ですが、今回も総じて、ご参加くださった方々の熱意と真剣さに即した、よいデモではなかったかと感じています。よりよく世に訴えるために、改善すべき点はさらに採り入れて参ります。忌憚なくどうぞご意見賜りたくお願いいたします。

前回浅草デモに引き続き、このたびも記録撮影して下さった福田良紀さん塚原勝美さん、ありがとうございました。

また、藤島利久さんはシュプレヒコールリーダーの役割と併せ、ご自身のパーソナルチャンネル「街カフェTV」で中継実施して下さいました。あれもこれもで大忙しだったことと存じます。ありがとうございました。

http://twitcasting.tv/kochi53/movie/2350901

 先頭で、歩行者を諄々と説得する、演説担当というか説得係といいますか、を引き受けて下さった稲井邦利さん、難しい役割を努めて下さってありがとうございました。ソフトな語り口調のおかげで、道をゆく人々に、よい印象を抱いてもらえたものと思います。

文字だらけの配布用チラシを、ティッシュ付きにグレードアップして下さったTさん、ありがとうございました。内輪でも大受けでした。

デモ隊最後列は、通過後の印象を決するため、おそらくもっとも重要なポジションです。公衆の反応も、ここからがもっともよく観取できるようです。つねに協働していただいている岡本啓一さんにお願いしました。たいへんお疲れさまでした。ハンドマイク自費購入して備えてくださいました。

「大久保隆規 冤罪無実」「池田光智 冤罪無実」などの幟やプラカードを多数、揮毫してくださった
 安保否 さん、このたびもありがとうございます。「書」はやはり文言を引き立ててくれます。

「増税反対!」「マニフェスト守れ!」「マスコミは真実を報道せよ」等の横断幕を追加調達して下さったSさん、今回もありがとうございました。陰での功労に深く感謝しております。
壺井須美子さん、櫻井和子さん、李ひとみさん、遠藤勝人さん、配布物担当、また事前のチラシのポスティングお疲れさまでした。皆様と協働できることを幸福に思っています。

小沢氏支援のデモには毎回、何をおいても馳せ参じて下さる、馴染み深い方々にも感謝申し上げます。いつもご加勢ありがとうございます。独自のプラカードや幟、カンバンのご持参ありがとうございました。皆様の創意により観衆の興味を誘う、内容充実の隊列となっています。さらにいましばらくの間、ご同道いただければさいわいです。

今回大阪から、「大阪宣言の会」の田中俊雄さんがお越しになり参加して下さいました。ご遠征ありがとうございました。大阪でも街頭行動を企画していらっしゃるとのことです。ご奮励心強く存じます。

いつも呼応し協力してくれる仲間の皆さん、片田清志さんseast君タケシさん、ほか実働ご協力下さっている方々にも、あらためて、いつもありがとう。お世話になってます。

これから続く行動にご参加下さる方々、応援の善意を投げかけて下さる方々すべてに、感謝申し上げます。良き意図が良き実りをもたらす、ことわりのままにありますように。結実がすべての、共に、このけわしい時を生きるわれらに、分かち合われるように。

私事ご容赦ください。常に寄り添い、支えてくれる妻に、最も熱く。


8・21街頭行動実行責任者  小吹 伸一

 

 

 

       

2011年8月19日 (金)

8・21(日)神保町 小沢一郎支援デモ ご参加の皆様へ

Withus_2

8月21日(日) 小沢一郎氏の名誉回復と復権を求める街頭行動 【神保町】

ご参加の皆様へ。

・デモコースを若干修正いたしました。なにとぞご了承下さい。

 白山通り~靖国通り  →  専大通り~靖国通り の順路とし、当初コースより神保町書店街を通過する距離を長くとりました。

・雨天でも挙行します。雨具のご持参をおすすめします。
午後の降水確率100%です。
rain

・晴天となった場合、高気温が予想されます。充分に水分をとり、体調にお気をつけてご参加ください。行進中お加減のすぐれない方は、無理をせず隊列を離れ、休憩をとってください。


当日ウェブ中継を、どなたかにお願いしたく存じます。
複数でも問題ありません。よろしければ小吹までご連絡ください。

 

Mail :  ozawa_risen@excite.co.jp   

℡ : 070-5552-8284 (小吹 伸一) 

・資金カンパはいただきません。小沢一郎議員石川知裕議員への支援に充てるか、被災者に寄付してください。

・ビデオ・写真等の撮影が行われます。お顔を撮影されたくない方は、マスクや帽子などをご用意ください。

・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。無事安全にデモ実施いたしましょう。

8月21日(日)東京都千代田区西神田2-3-11 

西神田公園に14:30~集合  15:00時出発 です。

地図)
http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-b5f9.html

デモコース) 西神田公園発~専大通り~専大交差点前を左~靖国通り~神保町・小川町通過~淡路町公園左~神田児童公園(終点・解散)

終点・神田児童公園 (千代田区神田司町2-2)司町交番裏 です。

Ozawapresident

皆様なにとぞよろしくお願いいたします。

ふろくw。

2011年8月16日 (火)

8・21(日)神保町 小沢一郎支援デモ 集合地への地図

8月21日(日) 小沢一郎氏の名誉回復と復権を求める街頭行動 【神保町】

東京都千代田区西神田2-3-11 西神田公園

14:30~集合  15:00時出発

≪西神田公園への行きかた≫

①JR水道橋駅から)東口出て右へ、白山通りを神保町方面へ5分、「居食屋 和民」角の路地右折1分。

②メトロ神保町駅から)A4出て左へ、白山通りを水道橋方面へ5分、「居食屋 和民」角の路地左折1分。

③千代田区 西神田2-3-11  西神田公園



powered by 地図Z

地図ウェブページ http://chizuz.com/map/map95459.html

印刷用ページ http://chizuz.com/map/print/print.php?id=95459

有志の皆様のご参加お待ち申し上げます。宜しくお願いいたします。

2011年8月11日 (木)

小沢一郎支援東京デモ 連続挙行します。 8・21(日)神保町 9・4(日)新宿

Ozawaerected

8・21(日)神保町 および 9・4(日)新宿にて、

小沢一郎氏の名誉回復と復権を求める街頭行動 実施します。


震災後の日本混迷を克服し、今こそ本当の「国民が主権者」の政治をもたらすため、また検察による冤罪捜査・公人抹殺を二度と繰り返させないために、【国民の生活が第一。】の提唱者である小沢一郎議員への、国民からの支持と応援を、共に表明しましょう。宜しくお願いいたします。

皆さまのご参加心よりお待ちしています。

≪プラカード・幟のご持参歓迎≫  
・小沢一郎議員応援 
・石川知裕議員、大久保隆規氏、池田光智氏ら元秘書の方々への応援 
・検察・検察審査会による冤罪糾弾
・マスコミの偏向報道への抗議糾弾  
・小沢一郎氏の民主党党員資格の回復要求 etc。


◎8月21日(日)【神保町】 
東京都千代田区西神田2-3-11

(JR中央本線水道橋駅、都営地下鉄三田線・新宿線、メトロ半蔵門線神保町駅A4出口より7分  )の

西神田公園に14:30~集合  15:00時出発
白山通り~靖国通り神保町書店街をデモ行進します。
(酷暑が予想されるため、若干短めのコースを設定しました。なにとぞご了承ください)

西神田公園 マピオン地図

New! 地図:別途作成しました。

行きかた:
 ・メトロ神保町駅から)A4出口を出て左へ、白山通りを水道橋方面へ5分、
「居食屋 和民」角の路地左折1分。

・JR水道橋駅から)東口出て右へ、白山通りを神保町方面へ5分、
「居食屋 和民」角の路地右折1分。



◎9月4日(日)【新宿】 
東京都新宿区西新宿7-14(JR新宿駅西口・東口より徒歩5~8分、 西武新宿駅より徒歩5分)の 

柏木公園に 15:30~集合 16:00時出発  

×16:00時 →○16:30分 

に変更させていただきました。

小滝橋通り~甲州街道~靖国通りの新宿駅周辺をデモ行進します。

柏木公園地図
行きかた:

・新宿駅東口または西武新宿駅から)靖国通り~大ガード下を通過し小滝橋通りへ入る

 新宿駅西口から)駅を出て右へ、直進し小滝橋通りへ入る
  上のいずれでも、小滝橋通りから最初の信号を左折2分 


 ※残暑厳しい折柄、みなさま体調には充分ご注意下さい


国民のための剛腕 小沢一郎に日本再生を託そう!   

お問い合わせ Mail :  ozawa_risen@excite.co.jp 
 ℡ :  070-5552-8284 (小吹 伸一)

中止・延期・時刻変更が発生する場合があります。
開催直前に、当ブログ最新情報を、念のためご確認ください。

有志の皆様、お知らせまたお誘い合わせのほど、よろしくお願いいたします。

案内チラシ作成しました。印刷ご利用いただけます。

表)
http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/files/904bill.pdf

裏・地図)
http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/files/904bill2.pdf

 

2011年8月10日 (水)

記録映画 7/31小沢一郎氏の 名誉回復と復権を求める 街頭行動<浅草>


http://youtu.be/Q4MztrDbpfs


http://youtu.be/4i9fLaiTUGw


http://youtu.be/HghdRCVo6yE


http://youtu.be/iUNnJft3yfA


http://youtu.be/xGnSAh83LBw


http://youtu.be/f3i81pI4q6Q


皆様たいへんお疲れさまでした。

撮影・編集の塚原勝美さん、ありがとうございました。

2011年8月 4日 (木)

8月21日(日) 小沢一郎支援デモ実施いたします。

Ozawaspeech

次回、「小沢一郎氏の名誉回復と復権を求める街頭行動」は、

821日 (日) 東京都内にて実施予定です。

 

開催地・集合日時は現在協議中です。

詳細確定しだい公示させていただきます。畏れ入りますが、今しばらくのご猶予お願いいたします。

決定 小沢一郎支援東京デモ 連続挙行します。 8・21(日)神保町 9・4(日)新宿 

参加ご希望の皆様、ご都合お繰り合わせのほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 

  日本再建を小沢一郎に託そう!

 

お問い合わせ Mail : ozawa_risen@excite.co.jp

 070-5552-8284 (小吹 伸一)

2011年8月 2日 (火)

7・31 小沢一郎支援デモ 報告

731walk

7・31(日)小沢一郎氏の 名誉回復と復権を求める 街頭行動 」、当日、雨が降りそうで降らない、ありがたいことにわりあい涼しい天候の中でのデモ挙行となりました。

このたびの小沢一郎氏応援デモは、たしか7月18日だったと記憶しますが、私が思い立ち、かなりあわただしく準備し公示したため、参加者は100名前後ではないかと予想していましたが、実際ほぼ予想通りの約100名ほどの方々がお集まり下さいました。

菅直人の政権しがみつきにより、ただでも後手後手の震災復興や被曝対策はじめ、あらゆる分野での政府対応が停滞しているこの時期、とにかく国民行動を開始しようという切迫した心境からこのデモを思い立ち、これ以前の菅直人退陣要求デモを共に実施した仲間らに相談、協力を得て手配したものです。当初、新宿での実施を考えていたのですが、諸般の事情により、浅草浅草寺周辺に切り替えました。
実施が決まった段階でご連絡した新党市民の藤島利久さんに、出発前の激励の挨拶と隊列中ほどのシュプレヒコールリーダーをお願いし、またデモの余韻の印象を左右する最後尾のシュプレヒコールは、新潟の小池さんにお願いしました。先頭は、実行責任者として小吹がつとめさせていただきました。

午前中から、仲間と手分けしてデモ開催のチラシを路上配布していたのですが、日曜のこともあり、浅草はまずまずの人出でした。
各シュプレヒコール担当の方や参加者に、「基本シュプレヒコール」として以下を使っていただくよう、印刷したものをお渡しました。

・小沢一郎を応援します
・小沢一郎は無実だ
・石川知裕も無実だ
・小沢も秘書も無実だ
・小沢一郎に仕事をさせろ
・小沢一郎を入閣させよ
・小沢一郎で東北復興
・小沢一郎で日本再建


全部この通りにして下さいというわけではもちろんなく、適当に言いたいことを言っていただいてもいいのですが、だいたいこれら文言を中心にお願いします、という指標です。耳にしてできるだけわかりやすいものをとこころがけました。

16時、予定通り出発。二天門前を馬道通り~言問通り~国際通り~雷門通り~再度馬道通り~出発地の花川戸公園へ戻るという周回コースを、ゆっくりめに歩行。
約100名の隊列がカンバンや横断幕を掲げ、人も車も多いところを通るので、耳目はかなり集めていました。戸惑う表情や驚いた顔、笑う人もあれば、手を振って激励してくれる人もあり、反応はまずまずであったと思います。

参加者の方の、まだ小さな坊やが、歩道上でチラシを配る係りをやってくれました。小さな子供が配ると、やはりよく受け取ってくれるようで、この坊やには大いに助けてもらいました。

「何だあ? 小沢だ? あんな奴犯罪者じゃねえか!」と歩道から喰ってかかるおじさん。こういう方が、今もやはりいるので、デモが行われているわけでもあるのですが。互いに言論の自由、御意見としてうけたまわり、つつがなく進行。

隊列先頭に、長身の男性が駆けてきて、「マンションの窓の外から聞こえたけど、その通りだと思うんだよ。検察はおかしい」といって、興奮した様子で、隊列に加わってくれました。

商店の軒先から、かなりお年を召したお婆さんが、これをどう考えるべきかという表情で、じっと当方を見ており、通過時に頭を下げて挨拶すると、にっこり笑ってお辞儀を返して下さいました。

観光客らしい人々が、多く珍しそうに携帯電話で写真を撮っていました。たしかに、浅草サンバより珍しい何かであったかと思います。
実施の数日前に、デモコース沿いと周辺一帯に予告のチラシを仲間と手分けしてポスティングしていたので、ある程度、事前に周知できていたためか、迷惑そうな表情や反応は、とくに目立っては見られないように感じました(上に挙げたような、『きわだった例外』の方もいましたが)。

デモ終盤は、二天門前を右折し出発地の公園へ、「小沢コール」を思い切り高らかに呼びあげながら帰着。事故・事案なく無事に終了しました。

届出上は流れ解散、つまり終了後は公園を占有使用せず散会なのですが、藤島さんが、敷地の外に出て演説を始められ、警備の警察の方から、「近隣から苦情が出るかもしれないからできれば短めに」との申し入れあり。伝達し、申し訳ないながら数分に詰めていただきました。

浅草の酔っ払いの名所「ホッピー通り」の一店で、二十数名の参加者の方々と、軒先のテーブル席で風に涼みながらの打ち上げとなりました。参加の方々に楽しんでいただけたなら幸いです。「また一緒にやろう」と、何人もの方といい交わしたことでした。

実施準備に、ともに携わってくれた仲間の皆さんに、深く感謝。

また、当日スタッフとして尽力下さった友人たちにも。いつもありがとう。
先頭の横断幕を手書きで作成して下さったAさん、いつもお世話いただいています。また、身銭を切って大型横断幕を発注してくださったSさん、大きなアピールとなりました。ありがとうございました。
今は東京に拠点を移し活躍中の藤島さん、新潟からご友人とともに参加し、最後列をまとめあげてくださった小池さん、ありがとうございました。
「愚民党」こと塚原さんには、ビデオ記録をお願いいたしました。また、中継実施していただける方を、主催では確保できなかったのですが、当日有志の方が果たしてくださいました。ありがとうございました。
ご参加の皆様、御馴染みの方々、はじめて小沢支援のデモに参加された方、またこれからも一緒にと言ってくださった方、ご意見くださった方、各位に御礼申し上げます。
また、お仕事や家庭の事情そのほかで、参加したくとも叶わなかった方々にも、賛同のおこころざしに深く御礼申し上げます。次回できましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

このデモにやや遅れて、追いつくように参加された方から、以下のようなメールをいただきました。許諾をいただき、一部ご紹介します。

///////////////////////////////////

4時ちょっと過ぎに浅草について駐車場を捜している所に、元気一杯な小沢さんを応援する声が聞こえました。
車を止めて声のした方に向かったのですが、もう移動されていて、地図を忘れたものですから、雷門の方に向かって皆様を捜しました。
途中でマイクの声が聞こえたので、見つけたと思ったのですが、山谷の方がシュプレヒコールを行っている所で、寄付をさせて頂いて(注:山谷労働者の互助グループが炊き出し支援の募金活動実施されていました)、雷門に向かい、しかたないのでお参りして帰ろうとした所に、皆さんを発見しました。
ラーメン屋のおじさんは店から出てきて、セブンイレブンの店員さんも歩道に出て今にも参加しそうな感じで、ちょっとユーモアのあるシュプレヒコールに笑顔で身を乗り出して見つめてました。
歩道を行くお爺さんは「オッザワ!オッザワ!」と声に合わせて呟いてました。
浅草の人達はあったかいし、明るいので、デモはドンピシャでしたね。
お巡りさん達も好意的に感じられました。
デモは大成功だったと思います。確実に人々の心に響きました。
こんなにも応援してもらえる、支持してもらえる小沢さんは世界一幸せ者ですね。
新潟の洪水に言葉を失う思いですが、帰りの高速では、白く曇った空の間に、僅かに光がさしていました。
皆様のお気持ちにふれさせて頂き、晴れやかで幸せな気分で帰路につきました。

//////////////////////////////////

上掲のご意見、とても好意的で喜ばしく存じます。また、やはり「参加人数が少なかったのが残念」とのご意見も複数承っています。
もちろん、できるだけ大勢の方にご参加いただきたいのですが、このたびは組織的な提携や協賛ということを、まったくやっていません。ネット上で、開催情報を公示しただけです。「小沢一郎議員応援」のお気持があれば、どなたでも参加できますし、またそれ以外の目的が入り込むことがないよう企図しました。
私の考えでは、500名参加のデモを1回やるよりは、100名のデモを5回、違う場所で実施したほうが、大きな啓発になると思っています。参加者を何倍かにしても、見聞する人が、それに伴っただけ増えることはないからです。

昨年より何度か、「小沢一郎応援」、「検察・検審の横暴糾弾」のデモの主催実行にたずさわってきました。試行錯誤しているうちに、自分なりに思うところの優先順位のようなものが定まってくるのですが、「重要度」の高い要件を述べるなら、以下のようになります。

1.正当性。このデモは「正しい」デモなのか。少なくとも実行者自身が確信できるかどうか。他のどんな要件が満たされても、これが不足しては意義がない。

2.コース。やはりなるべく、人目に触れる順路でないと、実施しても効果がない。

3.デモ参加者の態度。正しいデモであっても、参加者が傍若無人、周辺や環境への配慮を欠いていては逆効果。

4.動員数。大勢が参加しているほうが印象・社会的インパクトは当然高い。

あくまで私の考えるところではですが、参加人数は、デモ成功のための要件の優先順位の、むしろ低いほうにくるのです。自然に集まる以上に員数を嵩上げしようとすると、どこかに無理が生じるように思います。人の心が動けば、物事は動くでしょう。逆に、形ある物事を大きく動かすことにより、さらに大きな、好ましい変化につながるとは、かならずしもいえないのではないかと考えています。

3・11の震災以降、社会は大きく変わりました。政治の課題そのものが、震災以前と以後では、大きく異なると思います。原発事故の収束、放射能汚染の拡散防止、被ばく者救済、国土除染、被災地復興、次の複合震災への予防対策そのほかの難題が、それ以前の課題に加わってきています。
現在の菅内閣では、何もどうにもなっていないことは明瞭でしょう。こんなものは政府と呼べないと私は見なしています。信用や一貫性、実現能力が欠損しているので、何を唱えようと無意味です。

しかしながら、小沢一郎氏の策定し唱えた改革ビジョンを、復権のあかつきにただちに実行できる状況では明らかになく、また方針の見直しを迫られる部分もあるかもしれません。これは、現内閣のマニフェスト放棄とは別のことです。「今すぐにはできない」ことと「やらないことにした」では、意味がまったくちがいます。

それでも今なお、「小沢一郎に託す」と言えるのは、小沢氏の、「国民の生活が第一」という根本方針の再度の堅持が、今こそもっとも大切なことだと考えるからです。

思想は、それを生きる人間と切り離して存在することはなく、国民第一の政策の実現に邁進してきた小沢一郎ならば、いかなる状況の激変にあっても、「国民のため」の根本をゆるがせることはないと信じられるからです。

また、実務能力や政治手腕においても最高のものを備えた人材でなくては、この国難に対応しえないでしょう。小沢一郎がやってだめなら、他の誰がやってもだめだと、これはまったくの実感として思います。人材が豊富にいるなら、街頭に出て小沢だ小沢だと叫ぶ必要もないわけですが、現実に、これに比肩しうる力量の持ち主を他に知りません。この非常時に、帳面のつけ方に問題があったからどうとか言っている場合なのかと思います。小沢一郎を復権させ、力を発揮させるほか、実際的選択がないではないかと思うのです。

このデモはひきつづき、機会を設け実施してゆきたいと考えています。
また、デモは誰が主催してもいいのです。今回私が震災後に再開したのは、とりいそぎ、遅巧より拙速とはじめたまでです。各地また未開催地で、同主旨の街頭行動がさらに続発するなら、それもまた望ましいことと存じます。

国民の自発的支援デモは、小沢一郎氏へのそれを除いて類例がありません。応援の街頭行動をやってもらえる政治家が、わが国にほかにいたためしはない、これは事実です。この一事をもっても、特異な、傑出した存在であることは誰にも否定できないでしょう。

今後の政局がどのように動くか、予見はむずかしいことですが、現内閣が継続すればするほど、この国は沈下してゆくことでしょう。
今なお党員資格停止の状態にある小沢氏ですが、民主党新代表のもとでの処遇と起用が、その力量にふさわしいものとなることを切に望みます。むろん、本人が代表選に再度立つことができれば最善と思います。

国民が主権者であり、われわれの国であることを実感しうるよう、それぞれが最善の代表と信じる誰かに、力と支持を預けることを、今だからこそ真剣に、多くの方々にお考えいただきたく念願します。私は、われわれは、それは小沢一郎だと、あらためて思うのです。


7・31街頭行動実行責任者  小吹 伸一


以下ご提供の方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。


7・31 東北復興と日本再生を小沢一郎に託そう! <浅草デモ>  中継写真・中継動画
http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/391.html


 
記録映画 7・31 (プロローグ~2) 小沢一郎氏の 名誉回復と復権を求める 街頭行動 <浅草>
http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/435.html



7・31小沢一郎氏の 名誉回復と復権を求める 街頭行動、浅草大行進デモの写真レポート by SOBA(汗)

http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/433.html

2011年7月31日『小沢一郎の名誉回復と復権を求める活動』デモ行進@浅草

http://yosinori.tumblr.com/

http://www.ustream.tv/recorded/16377391


2011年8月 1日 (月)

7・31 小沢一郎支援デモ 無事実施いたしました。

7・31(日)小沢一郎氏の名誉回復と復権を求める街頭行動、予定通り実施、無事におえることができました。

ご参加の皆様たいへんお疲れさまでした。

模様を中継してくださった方に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

URL:http://www.ustream.tv/recorded/16348692

この日の主要シュプレヒコールは、以下のようなものでした。

 

・小沢一郎を応援します

・小沢一郎は無実だ

・石川知裕も無実だ

・小沢も秘書も無実だ

・小沢一郎に仕事をさせろ

・小沢一郎を入閣させよ

・小沢一郎で東北復興

・小沢一郎で日本再建

ご唱和下さった皆様、ありがとうございました。

ひきつづき実施するべき、というご意見多数いただきました。

ご意向にかなうようつとめてまいります。



« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

無料ブログはココログ