« 9・4(日)新宿 小沢一郎支援デモ 動画 | トップページ | 平成23年9月25日 小沢一郎氏応援デモ 中野  <増税・TPP断固反対!> 実施します。 »

2011年9月 7日 (水)

9・4(日)新宿 小沢一郎支援デモ 実施報告

904demo

台風12号の影響が事前に強く懸念されていたのですが、デモ実施当日は曇天ながらほとんど風雨はまぬかれました。
(和歌山、奈良、三重県などでは甚大な被害が生じ、死者、行方不明者100名を超える大災害となりました。哀悼の意を捧げると共に、行方不明者の救出と速やかな復旧を祈念いたします。)

このたびの街頭行動では、高性能のスピーカーとカンバン用の架台を車上に搭載したワゴン車を、小沢一郎支援者の方からご供与いただきました。選挙宣伝用に改造したけれど、事情あって使用の機会がないままだったとのことで、「ぜひ役立ててほしい」とのお申し越し、有難く使用させていただきました。
カンバン取り付け部分には、「国民の生活が第一 小沢一郎」「国民との約束 09マニフェストを守れ!」の横断幕を張り、街宣車風に仕立てました。

この日のシュプレヒコールはリードの声がよく通った、との感想をいくつもいただいていますが、これは、車上のワイヤレススピーカーが高音質を提供してくれる機材だったことによるところが大きいのです。
提供者の方に心から感謝いたします。

新宿区立柏木公園に集合したデモ参加者は、当方計数で76名、さらに数名、送れて参加の連絡があり、のちに合流を確認しました。80名強、上げ底の概算で100名の行進となりました。

今回デモ直前の8月30日、民主党代表選が実施され、ご承知のように海江田氏が決選投票で敗れ、野田内閣が発足、といった経緯から、参加者の皆様の多くはおそらく、失意と憤懣を抱えておられたものと思います。シュプレヒコールの呼応が、前回に増しての大音声であったようでした。

先頭横断幕には「小沢一郎 と 政権交代マニフェストを支持します 国民の生活が第一」の文言を配しました。
これをこのたびの街頭行動の基調の主題といたしました。シュプレヒコールにも、「民主党はマニフェストを守れ」「国民との約束を守れ」「約束を破る民主党はいらない!」の語句を用いました。

16時30分を、少々過ぎての出発。最初の交差点を曲がるとき、沿道の、五十代ほどの男性から、「何で海江田なんだよっ!」という、たいへんに厳しい突っ込みをいただきました。

場所柄が新宿駅周りなので、人通りは多く、甲州街道へ入る辺りからは、相当数の注目を集めていたと思います。

沿道の反応ですが、率直なところ、前回の神保町でのデモのように、多くのご声援はいただかなかったようです。物珍しそうに観る方々や、携帯電話でスナップを撮る方は多いのですが、浅草、神保町での実施のときと比べて、傍観者的な反応が主であったように感じました。
歓楽街の場所柄もあるのかもしれませんし、小沢氏が支持した海江田氏が代表選で敗れた直後だったことも影響していたかもしれません。

また、明治通りへ差しかかる少し前に、数名の、かなり激しい口調のヤジが浴びせられましたが、「日本から出ていけー!」、「この左翼!」という語法から、どうもいわゆるネット右翼の諸兄であったようです。たまたま通りがかったものか、申し合わせて出張してこられたものか判然としません。
歩道から身を乗り出すようにヤジを飛ばすこれらの人々に、新宿署の警備課の警官数名が迅速に立ちふさがり干渉を退け、当方は取り合わず行進を継続。ほんの一、二分の、さざ波ていどの一齣でした。

明治通りから靖国通りへ進行、脇を追い越してゆく車の運転席から、ごく若いお母さんが、小さな女の子と、重ねた手を振ってくれました。民主党マニフェストのかなめの、子ども手当ての廃止をあやぶんでいるのかなと思ったことでした。

後半、シュプレヒコールはときどき、参加者の方にマイクを手渡し即興を加えていただきました。
また、レギュラー参加の藤島利久さんには、いつもながらの迫力の藤島節を轟かせていただきました。
小沢一郎氏の応援というテーマでは久しぶりに、矢野健一郎氏も参加して下さいました。昨年10月に、「検察・検審・マスコミの横暴糾弾」のデモを開始した初期の仲間で、当時は、矢野氏が実行委員長、私が協賛スタッフとして二度、共に主催に携わっていたのでした。

周回コースを、無事故にて柏木公園に回帰。このとき、それまで猶予してくれていたように大粒の雨が、暫時降りました。

終了、撤収後、近場のチェーンの居酒屋にて懇親会行いましたが、どうも実施のたびに、こちらの参加者は増えているようです。50名の座敷を小沢一郎支持者で占拠し歓談しました。

小沢コールで乾杯、再会の方や、初めての方々らと語らう時間となるわけですが、この席に、デモを目撃して興味を抱いて列に加わり、さらに懇親会まで同行した、三十代はじめの男性がおられました。

ご縁とばかり隣に近づき、「小沢さんがお好きなのですか」と伺うと、「いえ、どっちかといえば嫌いです」という、がくりと脱力するようなお答え(笑)。
それでどうしてデモについてきたのですかと訊くと、「陸橋の上から見下ろしていて、最初、こわい集団かと思ったんですが、訴える様子が真剣だったので、興味を持ってついてきてみました」とのこと。また、「小沢一郎は嫌いだけれど、報道でいろいろ非難されているのを、鵜呑みに信じるのはよくないと思っている」とも言われました。

いろいろと質問をいただきました。あんなに熱心に小沢さんを応援する理由は何ですか、ほか、時事的問題についてなど。私も呑みながらなので、雑談あれこれ交えながら、ときに論議のようになり、ですがおおむねは「なるほど、やはりよく考えて、小沢さんを応援してるのですね」と、納得していただけたようです。
これを機に、政治に託すということについて、報道の偏向についてなど、さまざまに考えていただければと思います。

さらに参加の方々から、「こういう風に工夫してはどうか」など、継続と発展のためのアドバイスなどもいただきました。
直接参加の方々からのご意見は、とくに貴重なものと承り、つとめて取り入れさせていただくようこころがける所存です。御批判のほど、よろしくお願いいたします。

今なお、「少人数のデモには意義がない」とのご意見を、ネット上に散見します。
これにつきましては、街頭デモの目的をどのように考えるかの点において、見解が異なっているように思います。

大勢の人間の考えを一度に変える方法はなく、あったとしても、また別のきっかけでうつろう程度にしか定着しないものと、私は考えています。

どのような改革も直線的に進展するものではなく、停滞や困難の時期を、かならず経験します。
政財官マスコミの癒着既得権層の支配から脱し、国民主権を達成する、09年政権交代のこころみは、謀略的妨害により深刻な挫折をこうむりました。それでもなお、「国民の生活が第一。」の宣言と、政権交代マニフェストを堅持し、民主主義的政治主導を達成しようとする勢力は、与党民主党内に半数には満たないながらも、最大グループとして存在しています。政権交代の目的実現を図る、これら代議士のかなめである小沢一郎氏への、支持と賛同の表明は、情勢困難な今こそ、国民が明示すべきだと思います。

また、それを失望のうちに投げ出すことは、国民みずからが、代議制による国民主権の確立を断念することになると思うのです。
劣勢は挽回が可能です。諦念からは再起はできないでしょう。

デモは通常、「示威行動」と訳され、またそうであることは疑いないのですが、私はむしろ、「啓発と説得」に主眼を置きたいと考えています。
多くの参加者がある方が望ましいには違いありませんが、「啓発と説得」には、規模拡張はかならずしも要件になりません。

ただちには同意しないが、真剣さに打たれるものを感じたので話を聞きたいとか、もっと知りたいという人がいるかぎり、同じように感じた誰かが他にもいるでしょう。それは、思ったよりも多いのかも、または少ないのかもしれませんが、数がどれだけであろうと、それは本質ではないように思います。

一個の人間が、深い同意や、気づきにより、内面の変化を受け入れるということが重要であると私は考えています。そのひとりがいなければ、何も起こらない。また、一人の人間の力を軽んじることはまちがいです。どんな変革も、一個の内面から起こります。

「国民の生活が第一。」この宣言は長く、おそらく小沢一郎その人よりも長く、平明ながら不易の課題として、受け継がれてゆくのではないかと予感しています。
これから継続する社会がさまざまな難局に遭遇するその過程で、つねに問題解決のキーワードとして、普遍的に機能しうるように思うのです。

この日集った多くの方々と約したように、小沢一郎氏と、「国民の生活が第一。」の政治方針を支持し、、政権交代マニフェストの堅持を要求する行動は、さらに継続します。

不同意、または反対の方には、もとより協働を求めることはできないでしょう。
その人々が正しいかもしれません。われわれがまちがっているかもしれません。よりよい変革の方法がある、と信じる方は、その運動の形成に力を尽くすことが大切なことではないかと存じます。

私としては、そう簡単にうち棄ててはならない、人や理念、われわれ自身のための政策を、堅く護り保ってゆく必要があると信じています。

一連の街頭行動に参加し、引き続きの賛意を表明して下さる方々に、今後もご協働のほど願い上げます。


9・4街頭行動実行責任者 小吹 伸一

 

 


« 9・4(日)新宿 小沢一郎支援デモ 動画 | トップページ | 平成23年9月25日 小沢一郎氏応援デモ 中野  <増税・TPP断固反対!> 実施します。 »

コメント

みなさま、その節はたいへんお疲れさまでした。

台風シーズン真っ只中、集合人数だけが気になっておりましたが
そんな心配どこ吹く風の熱気と共に大勢の参加者さまが集まられました。

不肖、私の見立てでは、レギュラーメンバー65%・有志の皆さま35%
といった感じではありましたが、一層の人の和を感じ入る構成だったと思います。

その後の懇親会では、史上最強の盛り上がりを見せ
約9カ月強の時間を挟み、矢野さんとの協同を果たせたこと、感謝感激の至りです。

徳さん、稲井さん、福田さん、米木さん、さとしさん。 そして矢野さん。
そして、大勢の心強い仲間である皆さん、本当に、本当にお疲れさまでした。

またやりましょうね~♪

本当に「国民の生活が第一」ならば、小沢氏を見捨てた方がよい。

小沢氏のどこが「国民の生活が第一」なんだよ。

・所得税減税・住民税減税 → 消費税増税とのバーター(すなわち、より格差が拡大。)
・戸別所得補償制度    → FTA・TTP・農業自由化とのバーター
・高速道路無料化     → 高速道路建設凍結、地方鉄道の衰退。
・こども手当       → そもそも、反小沢グループの小宮山氏の提案。

それどころか、小選挙区制・二大政党制推進のため、共産党・社民党・国民新党・新党日本等の中小政党がどんどん不利になる。

「・・・・」さん、以下反論申し上げます。

【・所得税減税・住民税減税 → 消費税増税とのバーター】

この部分だけ切り取ると、小沢氏の改革構想の断片だけを抽出することになります。
「将来的には消費税は10%程度に」とはたしかに、小沢氏は言っていますが、それはあくまで将来、、制度改革が実行できてからです。「子ども手当て」、「同居手当て」、非正規雇用の制限、生涯雇用の確立などの、「日本型セーフティネット」を実現してからの、先々の話です。着手までに当然、選挙で政見を問われます。

09年の政権交代では、「4年間上げない」と党として約束したのだから、消費税は上げてはならないと主張しています。
http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/80250994622dd63495fe7a5f9e10d16a


【・戸別所得補償制度    → FTA・TTP・農業自由化とのバーター】

FTAとTPPはまったくの別物です。
小沢氏はたしかに自由貿易論者です。が、安直にTPPを受け入れることは同意していません。

http://thinkaboutjapan.blogspot.com/2011/04/blog-post.html

「国内のセーフティネットを作る方が先決である」という言い方で、TPPを否定はしていないようですが、意味するところは、「マニフェストを実行できていない現状でTPPに参加すべきでない」です。

私はTPPに反対ですが、賛成の人もいる。いずれにせよ、与党が勝手な判断でTPP参加・不参加を決めるべきではありません。

小沢一郎は自由主義者と言えるかもしれませんが、いわゆる「新自由主義」では、まったくありません。弱肉強食を容認する制度や政策には、一貫して反対しています。

【・高速道路無料化     → 高速道路建設凍結、地方鉄道の衰退。】

高速道路無料化は頓挫しましたが、ばかげて高い高速料金を払い続けることがいいのでしょうか。
高速道路の建設には、当然、予算がかかります。それを料金で回収する。国民にはたいへんな負担です。道路公団は天下りの巣窟です。

鉄道には鉄道の役割があります。合理性がなくなってゆく鉄道を維持させるために社会サービスの整備を控えるべきだという論理は、国民の利益を主眼にしているとはいえないでしょう。

また、子ども手当てが小宮山氏のものだろうと何だろうと、党としてのマニフェストを実行すべきです。
誰のものだからどうだというのは関係ありません。

なお、自由党の時代から、小沢氏は、「子ども手当て」の原型にあたる政策を主張していました。
http://www.ozawa-ichiro.jp/policy/11hoan07.htm
【(児童手当の拡充)
第十七条 国は、子どもを育てる者の経済的負担の軽減を図り、安心して子どもを生み育てることができるようにするために、児童手当の支給対象児童の範囲を拡大するとともに、その支給額を子どもの教育費等の相当部分を賄うことができる額に引き上げるものとする。】

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544711/41545384

この記事へのトラックバック一覧です: 9・4(日)新宿 小沢一郎支援デモ 実施報告:

» ハウスクリーニング全般 Witch House ウィッチハウス [Witch House ウィッチハウス]
お掃除、お部屋のコーディネート、KEA家具のご相談、各種ご依頼、お見積りなど、お問い合わせはお気軽にどうぞ! [続きを読む]

« 9・4(日)新宿 小沢一郎支援デモ 動画 | トップページ | 平成23年9月25日 小沢一郎氏応援デモ 中野  <増税・TPP断固反対!> 実施します。 »

無料ブログはココログ