« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月20日 (火)

12・18 銀座  鈴木宗男氏復帰待望・冤罪被害議員の名誉回復デモ 実施報告


http://youtu.be/Ne9QKR2ilko

TweetTVJP(ツイートテレビ ジャパン)の服部順治さん に録画・中継していただきました。

   

上々の好天に恵まれ、この日のデモを実施することができました。

集合場所は、覚えておられる参加者の方も多いことと思いますが、昨年10月24日、第一回の「検察・検審を糾弾するデモ」を実施したのが、同じ水谷橋公園集合、デモコースも同じでした。

その際にデモ実行委員長を矢野健一郎さんがつとめておられたのですが、今回の「鈴木宗男復権待望デモ」にあたってはシュプレヒコールリーダーを、壺井須美子さんと共同でお願いしました。

また、今回も二見伸明さんが、本来予定があったところを調整し参加して下さいました。

このたびのデモは、小沢一郎氏に先立ち国策捜査によって陥れられた鈴木宗男さんの擁護・名誉回復を主眼としました。このため、

「鈴木宗男さんの国政復帰待望 お帰りなさい鈴木さん」

「鈴木宗男さんは国策捜査の冤罪被害者  名誉回復を!」

の二点の横断幕の揮毫を、安保否Ⅱさんにお願いしました。

約80名にて定刻の出発。先頭にて主催の小吹が、横断幕の一端を支えながら歩道へ呼びかけ、デモ主旨を説明しつつ、矢野さん、壺井さんにシュプレヒコールを呼号していただきました。

銀座、外堀通りを通行しましたが、多くの注視を受けながら、その中に批判的な反応や、ヤジ等はほとんど含まれていなかったと思います。じっと見入る人、大きくうなずく人、好意的な笑みをたたえて眺める人は見ましたが。

また、路上でのチラシ配布も併せ行いましたが(A3版 左頁 右頁)、担当スタッフによると、チラシを受け取ってくれた女性の方が、「これは何の会なのですか?」と尋ねられ、特に会などではなくインターネット呼びかけで開催していると答えると、「私は北海道の者なのですが、こんなデモをやってくれてありがとうございます」と感激されていたそうです。

「鈴木宗男の疑惑」について、どれだけの人が、詳細を覚えているものか。若い人などはおそらく、何も知らないのではないかと思います。時の権力と特捜検察・メディアスクラムにより名誉を叩き落とされ、議員地位を奪われ、そのことへの抗議の声が街頭で上がったときには、当事者は無役でやり直さなくてはならなくなっている。だから、このようなことを繰り返させてはならない。国策捜査で抹殺される議員を、今後生み出させてはいけない。そうした思いで、街中にて訴え、参加の皆様と共に、声を上げました。

「 国策捜査をもう許さないぞ 」 「 国民は裁判官を監視するぞ 」 「 国民は検察を監視するぞ 」等、唱和して下さった方々、共に、検察の堕落、司法の機能不全への抗議糾弾の声を上げて下さった皆様に感謝いたします。

外堀通りを外れ、新幸橋の交差点を渡ると右手に、かの東京電力本社ビルが現れ。たちまちデモ隊から罵倒の声が巻き起こりました。日曜なのであまり出社中の人はいなかったものと思いますが。

「ちゃんと保障しろ!」、「原発を止めろ!」など口々に、予定外の非難の声が湧くうちに、今度は左手に記者クラブが所在する日本プレスセンタービルが現れ、またも「こらー!」「解体しろー!」「ちゃんと報道しろー!」と憤激の叫び。そのまま建物正面の日比谷公園に終着しました。

解散地にて、二見伸明さんからのご挨拶。その後、すぐ近場の経済産業省前で行われている、脱原発を訴える座り込みテント広場に、希望者は矢野さんの案内で参観いただき、若干の人々はその場に居残り、撤収後、懇親会場に直接向かいました。

 

2011年は、たいへんな一年でした。非常に多くの物事が様相を変えてしましました。

昨年は、「検察・検審」をめぐる問題がクローズアップされていたのですが、3・11以降、脱原発と被ばく対策に、ネット上の公論が大きく動きました。公衆の生命や健康にかかわる、切迫した問題ですから当然でしょう。

が、これら原発の是非、エネルギー行政、震災復興、放射能汚染対策などの諸問題につき、現野田内閣は、まったくろくな対応をしていません。復興措置は中途半端で、国民の大量被ばくを実際上、容認し続け、何も収束していないにもかかわらず福島第一原発事故の収束を宣言するなど、信頼に価しないうわべだけの措置を重ねてきています。

国策捜査と不当裁判により、熟練の政治家の活躍の余地を奪った結果が、現在の政府の惨状です。国政レベルでなくては処置できない大問題が続発しているのに、政治が機能不全をきたしているのです。

西松建設事件に端を発し、陸山会事件へと続く、一連の政治謀略による小沢一郎議員の実権剥奪が起こらなければ、今年の震災を、小沢内閣で対応できたかもしれません。歴史を仮定で語ることはできないことは承知で、あえて言いますが、小沢一郎総理ならば、初動で全力を挙げて、福島第一原発を徹底的に封じ込めにかかったでしょう。実際、そうしなければ、表面上は収束したように見せかけることはできても、国土・海洋汚染は時とともに進行します。今それが起こっています。

鈴木宗男さんは、このデモの同日、地元北海道の根室市や釧路市を巡り、後援会にて現行必要な対応を説明して回っておられたそうです。ムネオ日記より転載し紹介します。

TPP、消費税について、明確に反対との話をしながら、新党大地・鈴木宗男の考えを示し、皆さん納得して下さる。
 いつも言う事だが、民主主義は手続きが一番で、次に中身である。増税もTPPも、十分な手続きも取らず、ある日、ある時、当時の菅首相がぶち上げ、それを現政権が引き継いでいる流れだが、ここはしっかり議論をし、中身をチェックしなくてはいけない。
 国会議員の年500万円のボーナス返上、衆議院300小選挙区を200にして、100人を削減する、参議院も242人を人口100万当り1人の125人にして、117人を削減する、国家公務員のボーナスを3分の1カットするとか、国会議員、公務員の特権、厚遇をなくし、その上で国民に対し、将来の年金継続、国の発展の為、新たな負担をお願いすれば、国民も理解するのだ。
 私は、最初に増税ありきではいけないと考える。先ずは、国会議員、公務員の身を削り、血を流す姿勢を示すことが重要だと訴えていく。
 根室釧路での会合なので、当然日ロ関係、北方領土問題についても言及した。
 今、脱原発が国民の考えとするなら、どのエネルギーが代替、対処できるのか、そこで出てくるのが「ガス」である。
 液化天然ガスをはじめ、ガスのウエートが今後高まるし、環境面からもウエートが高くなる。
 ロシアサハリン州は、北海道と近くて近い場所である。
 日本は、残念ながらエネルギー資源はない。ロシアと協力をするのが、ベターではなくベストの選択である。
 新党大地は、党立ち上げの時からこの事を主張してきた。日本側の姿勢次第でロシアの名誉と尊厳を尊重し、日ロ両国が共に良かったと言える結果を出すのが良い外交である。
 その上で領土問題も進む。2001年3月25日のイルクーツク声明に基づいた交渉を進める事で、領土問題も解決できる。私は、近い将来領土問題は解決出来ると話させて戴く。

日露関係の構築と北方領土返還交渉を主導してこられた鈴木宗男さんの国政復帰は、エネルギー政策転換の実現への大きな躍進を可能にするでしょう。原発依存政策の転換には、迅速で実際的な、代替エネルギー源の確保が必要です。

来る2012年は、本格的な復興と再生、被災国民の救済へ向けて、政治が大きく動く年となるでしょう。また、そうならなければ、日本は没落の運命を選択することになると思います。

仮釈放中、また公民権停止の制限はあるものの、政治活動においてはふたたび自由を手にした鈴木宗男氏の、本領を発揮していただけるよう念願します。

また、小沢一郎氏は、4月の判決までさらに公判を控えていますが、並行して、野田内閣の消費税増税への反対を結集軸に、国政の軌道修正を企図しています。こちらも、何をなすべきか、新年には明確にされることでしょう。

小沢一郎氏、鈴木宗男氏、まだ若いものの大成が望まれる石川知裕氏の、国策捜査による失権からの復帰と活躍をうながすための、国民世論への働きかけのために、こうしたデモや街頭行動を、有志の皆様と共に繰り返してきました。さらに続きます。来たる年もよろしくお願い申し上げます。

12・18 鈴木宗男氏の国政復帰待望デモ
~冤罪被害議員の名誉回復を求めて~

実行責任者  小吹 伸一

 kobukidesu@livedoor.com  
℡ :  070-5552-8284 

Twitter:  @kobukishinichi

 

【付記】

フリージャーナリストの田中龍作さんに、記事にてご紹介いただきました。

【冤罪を許すな】「日本を守ろうとした人が捕まり、売ろうとしている人間がのうのうとしている」

http://tanakaryusaku.jp/2011/12/0003352

阿修羅掲示板転載版 http://www.asyura2.com/11/senkyo123/msg/699.html


   

2011年12月16日 (金)

12月18日(日)  鈴木宗男氏復帰待望デモ ご唱和お願いします

Accuse_page0001_2

この画像「accuse.pdf」をダウンロード


Suzukinew_page0001
この画像「suzukinew.pdf」をダウンロード

Good_book_page0001
この画像「good_book.pdf」をダウンロード


上の画像を印刷してプラカードをお作りいただくことができます。

お役立てください。

2011年12月18日(日)銀座にて実施予定の、

木宗男氏の国政復帰待望デモ
~冤罪被害議員の名誉回復を求めて~

参加の皆様と呼号するシュプレヒコールを設定しました。
以下、ご賛同いただける方々に、当日のご唱和をよろしくお願いいたします。

<シュプレヒコール>

私たちは鈴木宗男さんを応援します
鈴木宗男さんは無実です

私たちは小沢一郎さんを応援します
私たちは石川知裕さんを応援します

検察は国策捜査をやめろ
これ以上の冤罪は許さないぞ

マスコミは検察リーク報道をやめろ
マスコミは国策捜査への協力をやめろ

裁判官は冤罪に協力するのをやめろ
国民は裁判官を監視するぞ
国民は検察を監視するぞ

鈴木宗男は無実だ
小沢一郎は無実だ
石川知裕は無実だ
大久保隆規(たかのり)も無実だ
池田光智(みつとも)も無実だ

国策捜査をもう許さないぞ
冤罪をもう許さないぞ
冤罪報道を許さないぞ

鈴木宗男さんの汚名を晴らそう
鈴木宗男さんを国政に帰そう


//////////////////////////////////////

以上ですが、他にご要望ありましたらリクエスト承ります。
検討させていただき、取り入れにつとめます。

お問い合わせ Mail :  kobukidesu@livedoor.com  
℡ :  070-5552-8284 小吹 伸一

なお、当日デモ終了後、懇親会を予定しております。

たいへんな一年でした。交流、また忘年会のつもりで自由にご参加ください。

中途参加は小吹までお電話ください。

ところで。

Hey_yo_page0001

「Hey_yo.pdf」をダウンロード

当日街頭配布チラシ

左ページ 「12_18_street.pdf」をダウンロード

右ページ 「12_18_st2.pdf」をダウンロード

 

 

 

 

2011年12月10日 (土)

12月18日(日)銀座  鈴木宗男氏の国政復帰待望デモ 実施のご案内

They_re_innocent

2011年12月18日(日)銀座
鈴木宗男氏の国政復帰待望デモ
~冤罪被害議員の名誉回復を求めて~

一年間の服役を経て、新党大地代表・鈴木宗男氏が仮釈放となりました。

地検特捜部の国策捜査により受託収賄罪などに問われながら、終始一貫して潔白を訴え、現在も「生涯政治家」として政界復帰をめざす鈴木宗男氏を応援する、国民デモを実施いたします。

また、鈴木氏と同様に、検察の政治的捜査と不当裁判により政治活動を阻害され、マスコミの偏向報道による汚名を今なお被る小沢一郎議員、石川知裕議員への応援も行います。

「国民の生活が第一」の政治家の復権と活躍を希求する有志のご参加をお待ちいたします。

≪プラカードや幟のご持参歓迎します≫ 
・鈴木宗男氏応援  ・小沢一郎議員応援        
・石川知裕議員、大久保隆規氏、池田光智氏応援 
・検察および検察審査会による冤罪糾弾 
・陸山会事件不当判決への抗議糾弾
・マスコミの偏向報道への抗議 etc。      

日時:2011年 12月 18日(日)13:30 集合  14:00時デモ出発

集合場所: 水谷橋公園(東京都中央区銀座1-12-6 ホテル西洋銀座近く)

交通:メトロ有楽町線 銀座一丁目駅7番出口2分 銀座線 京橋駅3番出口3分


大きな地図で見る

※ 水谷橋公園~外堀通りの繁華街を通過し、日比谷公園まで行進します。
   雨天・降雪でも実施いたします。

 ご参加にあたり、皆様に以下なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。

・デモ行進にあたって、ヤジを投げられたり、からまれるなどの挑発を受ける場合があっても、決して相手にならず、平静を保ってください。また、デモに対するいちじるしい挑発や妨害が加えられた場合、警備の警察官を呼んで、対応を委ねてください。

・写真撮影や動画中継を受け入れています。顔を写されたくない方は、帽子やマスク、色メガネなどを御準備ください。

・集合地公園の使用許可は取得していますが、敷地内では、通り道を譲るなど、一般の公園利用者のご迷惑にならないよう、ご配慮をお願いいたします。

・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。無事安全にデモ実施いたしましょう。

お問い合わせ Mail :  kobukidesu@livedoor.com 
℡ :  070-5552-8284 

宣伝用チラシ:「1218new2bill.pdf」をダウンロード

1218new2bill_page0001

皆様、ぜひこの本を御一読下さい。

汚名-検察に人生を奪われた男の告白 (講談社プラスアルファ文庫)

Omei_2

書評) アマゾンレビュー

ビーケーワン

 

 

 

 

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

無料ブログはココログ